秋季特別展「陶片ー創作のかたわらに」

秋季特別展「陶片ー創作のかたわらに」

会期:2021年10月9日(土)~12月5日(日)

陶片ー創作のかたわらに1

  • 会  期:2021年10月9日(土)~12月5日(日)

   *月曜日のみ休館

  • 開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)

   *最終日は17:00閉館(入館は16:30まで)

  • 入館料:一般210円/団体(10名以上)160円/高校生以下無料

   *本展会期中のしもだて美術館入館券の半券をご提示頂くと、100円でご覧いただけます。

*障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名は無料。

  • 主  催:板谷波山記念館

   企画協力:公益財団法人波山先生記念会/下館・時の会

下館(現在の筑西市)出身の陶芸家・板谷波山(1872-1963)は、東京・田端に窯を築き、91年の長い生涯の中で数多くの珠玉の作品を創作しました。それらは今もなお、輝きを放ち、私たちを魅了し続けています。

波山はつねに厳しい姿勢で制作に臨み、窯出しの後、気に入らなかったものはすべて割ってしまったといわれています。窯の周辺には、完成には至らなかったそれらが陶片となって、長年蓄積されていました。陶片は、波山の作陶姿勢を物語るものであり、当時の制作過程や、繊細な技を垣間見せる貴重な資料群といえます。

このたびの秋季展では、田端の窯で発掘された初公開を含む陶片を中心に展示します。人生を懸けて陶芸の道を極め、至高の存在として語られる波山の舞台裏に隠されたひたむきな努力を、陶片から感じ取って頂けることでしょう。

「陶片ー創作のかたわらに」チラシ[PDF形式/1.76MB]

 

 関連イベント

  • 特別講演 「波山忌に想いをよせて」

板谷波山の命日10月10日に、追悼の意を込めて特別講演を開催いたします。

日時:10月10日(日)14:00~

会場:板谷波山記念館 作業棟

講演者:荒川正明氏(学習院大学教授)、一木努氏(下館・時の会 会長)

定員20名(参加費無料。ただし、当日有効の入館券が必要となります)

事前申し込み制(板谷波山記念館TEL:0296-25-3830までお申し込みください)

*新型コロナウイルス感染症対策の為、マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

 

  • ギャラリートーク+陶片に触れてみよう!

当館学芸員による解説とともに、田端の旧工房跡から発見された波山の陶片に触れて頂きます。

日時:開催中の第2・4土曜日(10/9,10/23、11/13、11/27)14:00~

場所:展示室扉前

*事前申し込み不要、参加費無料(ただし、当日有効の入館券が必要となります)

*新型コロナウイルス感染症対策の為、マスクの着用、手指の消毒にご協力ください。

 

■ご来館の際のお願い

ご来館の際は、手指の消毒、マスクの着用、他の来館者との適切な距離の確保など、新型コロナウイルス感染症対策にご協力ください。また、状況により、展覧会会期等に変更が生じる場合がございます。最新情報は、板谷波山記念館HPでご確認ください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

アンケート

板谷波山記念館ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る